FC2ブログ
SEO対策:松本市 SEO対策:グルメ SEO対策:クチコミ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野餃子館

春風に誘われて安曇野へ車を走らす。
JR穂高駅からさほど遠くないところに安曇野餃子館はある。
その店は住宅街の中にあり、見つけづらい。
築130年の古民家を改装した餃子屋さん。
中に入ると愛想の良いご主人が「いらっしゃいませ」と温かく迎えてくれる。
黒く使い込まれた太い柱があちらこちらと目に入る。
早速、餃子定食を注文。ご主人が「焼きにしますか?それともゆでますか?」と聞いてきた。
焼きに慣れ親しんでいるものには、少しハッとしてしまう問いかけで、思わず焼きでといってしまった。

こんがりきつね色に焼きあがった餃子は俵のようなかたちをしている。
一口入れると肉汁が波のように押し寄せる。そして皮の香ばしさともちっとした弾力感が口の中で一体になるとその余韻がいつまでも続いていくように感じられた。

■餃子定食・・・・・・・・・・・・・・・・・・950円
 餃子10個 豚汁 キムチ 御飯

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ






スポンサーサイト
JR南松本駅から西にのびる道を車で走る。
国道19号線を横切り、さらに一つ目の信号をまっすぐ100mぐらい進んだところにある。

中はカウンターとお座敷があり、あちらこちらにある相撲グッズ。
カップル、家族連れまた、持ち帰りの人も多い。

カウンターに座ると、そこから厨房を覗くと餃子を大量焼くご主人と次から次へと餃子の具を詰めているおばちゃんが手際よく作っている。
作りたて、焼きたて餃子である。

注文は餃子定食950円。
餃子10個、豚汁、キムチ、ライスのセット。
餃子は黄金色に焼きあがり、一つ一つ身がぎっしり詰まっている。
一口食べると、皮のモッチリ感と具の中の肉汁と野菜のシャキシャキ感のバランスが見事。
小さい器にこぼれてしまいそうなくらい豚汁がはいっている。

味だけでなく、量でも横綱である。

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ







Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。